クリスマスツリー

急に寒っっ。


朝と晩は暖房がいるようになりましたね。


それにしても急に気温が下がった気がするわ。


でね、今年もクリスマスツリーをお店に出したんです。



今年は全然寒くならないので秋も冬も来る感じが

まっっったくしてなかったんですけど

気がつけば今年もあと1ヵ月半で終わりです。




ツリーの写真も撮りました。









動画も撮りました









夜が長くなったのでツリーの光が映えますね。

暗闇とビビットな色のコントラストが

なんとも神聖で空気まで澄んで感じます。






黒って、みなさん暗い感じで嫌いな人が多いけど


僕は反対でどんな色にも邪魔されない

黒っていう色はとても好きなんです。



あっ、夜も黒なんで。


明るい色が映えるでしょ?


ビビットな色を引き立てる色でもありますね。






という事で今年もお店を彩るツリーが

一ヶ月限定でディスプレイしてありますって事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

衝撃を受けた毛髪補修剤を入荷しました。


今回、久しぶりにアウトバストリートメントの紹介です。




一般的にトリートメントは栄養成分を髪に入れ込み


パサつきを抑え、手触りと収まりを良くするものです。





で、今回入荷した


「テモイ グリーディーエッセンス」
訳すと(よくばりな美容液)だそうで・・

ももちろんそうです。






何がすごいって?




毛髪を補修しながら修復してくれるんです。





え?そんなのトリートメントだから当たり前!!って?







それが違うんです。


一般的なトリートメントって補修効果はあっても


修復効果はないんですよ。





髪は死滅細胞だから一度傷んでしまうと


絶対に自己修復はしないんです。







テモイのシリーズ


シャンプー


トリートメント


アウトバスエッセンス







毛髪補修成分


ナノ化CMC


ナノ化エルカラクトン


ファイ型ケラチン



保湿成分


イチゴ果実エキス


メドウラクトン


シアバター



が髪の内側から徹底補修し更にドライヤーの熱から


髪表面に持続性の高い皮膜を作り保護膜を形成するんですね。







洗い流さないトリートメントって


つけると多少、髪の乾きが遅くなるんですけど


これは乾くのが速く


そして乾かしてる最中から手触りの違いが実感できました。






乾いた後は


しっとりなめらかでつやも出て


それでいてふんわりと柔らかな質感に。






何より驚くのが


たった1回の使用で効果がわかるんです。








今日入荷して


即、売れてしまいました。








とにかくヘアーが傷んで、なんとかしたい方には


ぜひとも手にとっていただきたい


そんなトリートメントです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

カラー剤用ワゴンを塗装した。

使用中の半端なカラー剤をストックしたり


カラー剤を塗布の際にカップを置いて使用する


ワゴンが経年劣化でメッキがはがれ


金属部もむき出しになってきたので


再塗装して雰囲気を変えました。











現在はカップを乗せる天板部のみ塗装してる状態


Bfore
















塗装の手順は以下の通りに。


 


下準備

ホコリを落とし汚れを綺麗に拭く

その後十分に乾燥させます。




1・表面のさび落とし
ワイヤーブラシ等を使いさびを落とします




2・表面の凸凹を磨く
サンドペーパーを使い滑らかに80番くらいのサンドを使い
丁寧に磨きます。





3・マスキング (最重要)
塗料が付くと困る場所にはあらかじめ
マスキングテープを使い覆いをしておく




4・プライマーで下処理(ミッチャクロン使用)
塗料の密着率を上げるための処理剤を全体にまんべんなく
かつ、薄くスプレーします。





15分放置





5・2トーンで仕上げるため
   天板部をライトブラウンの塗料で染める

1度目は薄目に塗布。15分後に2度目の塗布。
2度目はムラなくしっかりと。





30分放置






6・下部をカーキ色で塗装

スプレー1本では足りませんでした...
後日2度目の塗装をします。



 

 


 

 


で、結果このようになりました。

After








カーキ色が思った以上に必要で


スプレー1本では足りなかったのと


天板部の光沢が気になるし


ライトブラウンが明るすぎた。。







まぁ、とりあえずはこの色で


しばらくやります。








じゃあ。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加