犬派ですか?猫派ですか?

ってよく聞かれます。






みなさん結構どっち派っていうのが


はっきりしてるらしいんです。





僕は正直どっちも派ですわ





犬は従順でよく言うこと聞くし


さみしがり屋で「そばにいてやらんと」


って思わせてくれるし


何より足元でずっと「クン〜クン〜」なんて言われると


やっぱりほっとかれんでしょ。



人懐っこくて従順な分


人間とはべったりな関係性になりやすいと思います。






その分、めんどくさいやつで


何から何まで世話やいてやらんといけんのですよ。





やれ、「トイレのマットを変えろ」だの


「ご飯をよこせ」だの「外に連れていけ」だの


自己主張は強めで


勝手にしてくれ〜って思うこともしばしばありますねぇ。




で、言うことを聞いてやらないと


わざと悪いことをしでかすんですよね。







そういうところは手はかかるけど


その分かわいいんですよ。ええ。





犬が苦手な方は散歩が面倒だとか


鳴き声がうるさいとか


昔、噛まれたのがトラウマとか


世話が大変とか


そういった理由の方が多い気がします。












猫はね、何より自由気ままで


わりと僕とは馬が合うんです。






犬も猫も飼ったことがあるのでどちらも魅力的ですねん。で




猫の自由さ、自分勝手で気まぐれさが


何ともお互い縛られない関係性を保てるというか


重すぎないというか、気楽というか


「おいで〜。」なんていっても


しら〜ン顔してることもあるし


そうかと思えばスリスリと甘えてくるし


ほんとに自由な感じがええんです。





甘えたいときは、たっぷり甘えさせてやりたくなるし


知らん顔されたときは、ちょっと傷つくけど


それはそれで、「まっ、気楽でいいか。」ともなるんですよねぇ。





それは犬のように従順さを好む方には受け付けられないみたいです。





そういった媚びない強さのような魅力は猫のほうが好きかも。





あとは動きですよね。なんといっても華麗。


なんか品位を感じません?猫って。


とにかく美しいです。動作、振る舞い、身のこなし。


そういうところも好きです。





ただ、苦手な方はそういうところが


冷たく、なんか暗くて陰気に感じるんだそうで


かわいいと思えないそうです...





魅力が反面、苦手な方には受け付けないんでしょうね。








ちなみに犬派と猫派で性格や生活のスタイルも似てくるそうです。




犬派は


1・コミュ二ケーション能力が高い

2・アウトドアが好き

3・社交的

4・頭が良い

5・空気を読むのがうまい

6.規則を守る

7・相談相手に最適


明るく活発で人を引っ張るリーダータイプが犬を選びやすいんだそうです。


へぇ〜。と妙に納得しましたわ。








猫派は


1・気まぐれ

2・媚びない

3・上品、気品高い

4・インドア

5・個性が強い

6・独身貴族が多い


猫派は女性が多いそうです。


男は人より共通の好きなこと(趣味、趣向)


を好む不特定多数と遊ぶのに対して


女性は人を選び内向的な遊びをする傾向にあるため


猫を選びやすいそうです。




こうしてみると僕は断然、猫派が当てはまるんですが...




みなさんは犬?猫?どちら派ですか?






まぁ〜本当どっちもかわいいんですけどね。



一曲どうぞ


スピリチュアルジャズ







じゃあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

消費税10%に伴う価格改定についてのご案内。

お客様各位





2019.10.1より消費税が10%になります。


当店では従来の価格維持に努めてまいりましたが


消費増税のため、水道光熱費、施術に使用する


各種原材料に関しても増税になります。






当店におきましても諸経費の削減をはじめ


価格の維持に努めてまいりましたが


この度の増税は当店単独での努力では


抗し難い状況となりました。




つきましては、大変不本意ではございますが


下記の通り価格を改定させていただくことになりました。


新料金はこちら
(メニューにより約¥50〜¥400位の差額になります)


尚、店販商品に関しては当面の間、

現在の税率8%で据え置き

お買い上げ求めやすい体制を維持していくつもりでございます。






今後とも夫婦共々お客様にご満足いただけるよう


より一層の技術やサービスの向上に努めてまいります。


当店をご愛顧頂いております皆様には諸事情をご賢察の上


何卒、レーヴをご愛顧賜りますようお願い申し上げます。





敬具



ヘアーボックス レーヴ 

   佐々木晋吾
このエントリーをはてなブックマークに追加

美容室で上手くオーダーできない。 伝え方がわからない方へ2


前回の続きから




美容師は熟練すればするほど自身のスタイルが確立しています。


なので当然、お任せすれば美容師自身の好きなスタイルに


偏っていく傾向があります。




それはお客さん自身と好みのテイストやセンスが同じなら


素晴らしく良い美容師となるでしょう。


でも、初対面でそれを見抜くのはかなり難しいことです。




それで、イメージを伝えていく方法は前回の書いて伝えるという他にも


イメージ写真や画像を見せるという方法もあります。


言葉だけで自分のイメージを相手に伝えるのって


思うほど簡単じゃないです。


同じ言葉でも受け取る人によって全くイメージが変わってくるからです。








イメージする画像や写真などがあればお互いに分かりやすいですよね。


できれば”フロント” ”サイド” ″バック”とそれぞれの角度が写ってる写真が良いです。




想像通りの画像がなければ


近い画像で「この写真より短めで」「この写真よりパーマ強めで」


というように伝えてもらえれば分かりやすいと思います。



これならいくら口下手な方でも


相手に伝わるのではないでしょうか?




あとは画像から汲み取って


個々に似合うように美容師なりのニュアンスやテイストが


若干変わってくると思うので、信頼のできるセンスの良い


美容師にお任せしても良いのではないでしょうか。







 



一曲どうぞ

胡蝶の夢、十の夜
audase


西方見聞録

 

 







じゃあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加