出雲大社へ年初の祈祷へ

昨日のお休みはですね


近年恒例になりつつある年初の祈祷へ


出雲大社へ行ったんです。





朝、8:30に出発予定が大幅にずれ込み


11:00 過ぎになり、大慌てで出雲へ向かうも


途中で昼休憩を挟んでしまったことにより


大社へ着いたのが13:30頃…





神門通りの人混みを掻き分けるように

車で進み、臨時駐車場へ。








しっかし、寒かったわ〜。


寒さで顔がこわばる、、




天気予報では晴れで、お出かけ日和なんて言ってたのに


予想外の風と気温の低さで寒いのなんのってね。


インナーダウン着て行ってよかったぁ…









で、大社はね、新年ということもあり

人が多い多い。

















13:45分、祈祷受付にて受付を済ませ











待機テントへ





この時点でトイレに行きたかったが


ガマン…


人が多いせいか、待機時間がすこぶる長く


14:30〜ようやく祈祷が始まって


その後は拝殿の中へ入り


禰宜さん一人、巫女さん一人、


太鼓と笛がそれぞれ一人の計4人で祈祷をしてくれて











最初は祝詞から読み上げ




その後みんなの前でお願いと住所と名前を読み上げられるので


これがまた、少し恥ずかしい。



人数が多かったので祈祷には1時間ちょっとかかった気がする…



その後は本殿の中にお参りして終了。









(本殿の裏に回ると本殿に向かってお祈りしている、なんとも可愛らしいうさぎの石像があります。
ちなみにこのウサギは稲葉の白兎をモチーフにしたものだそうで古事記にも登場しています)





祈祷前からトイレを我慢してたので


すぐにトイレに駆け込むと


祈祷を終えた人たちでごった返し…


みんな考えてることは同じだったんです。笑


寒いし身体は冷えるし、そりゃトイレも近くなりますわな。







おみくじも引いて結び付けました。


夫婦での写真は...去年5月以来半年ぶり



その後は神楽殿で一通り参拝して


16:30に大社を後にして


出雲市内を一通り徘徊した後、帰路につき


家に帰ったのが22:00....


疲れたー。





でも、大社の良い気にも触れ今年一年の


祈願もしたことで気分も一新しました。





じゃあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月休み

終わりましたね。


お正月休み。


皆さん昨日から仕事始めの方も多かったんじゃないでしょうか?



(実家の正月飾り)




今年は休みも長く天候も暖かかったので

休み明けは、いつにも増してだる〜く

お過ごしでしょう。





休み明けってなんでこんなに身体が重いんでしょうかね…




僕もね、正月は食って、飲んで、食って

食って、食いまくって、気分が悪くなりました。笑





その上、動かないから体が重い。


店は5日から仕事始めでしたけど


不思議と仕事が始まるとシャキッとするもんです。





年末からずっーと忙しく、大掃除する暇もなく


年を明けてしまい今日の朝


ようやく掃除機がかけれました。


(実家は華道と茶道教室)
(現在茶道は休止中)



(実家の生け花)





年が明けると言っても


暦の上では一日しか変わらないのに


31日から1日にかけて、この日ばかりは

年も進みます。


それだけのことなのに


大晦日まであった慌ただしさはなくなって


凛とした空気に包まれる元旦。


僕はそんな空気感が好きで


元旦は気持ちも凛とする気がします。







そんな正月休みも終わり


ようやく普段と変わらない空気に戻りつつある世の中で


今年も何事もなく


平穏無事に過ごせるよう万事徹底して


仕事に遊びにおおいに楽しみながら


過ごしていきたいものです。


そんな今日も一日楽しみながら仕事です。

 

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加

息子が成人式でした。


昨日の一月二日はですね


成人式でした。


ウチの息子も今年


成人を迎え式に参加しました。






江津市は


例年9時からの式も今年から11時に変更となり (何年か前からだそうです。)

ゆとりがあって非常によろしいと思います。









しかしほんとにあっという間でした。


こないだ産まれてまだまだ


子供だと思っていた子が


もう成人。





我が家は娘はもう成人してるので


これで2人とも成人になりました。





たまにお客さんや、知人に赤ちゃんを抱かせてもらうと


凄く懐かしい感じがして


自分には子育てが遠い過去のような気持ちになります。







周りの方々は息子はしっかりしてるから


「どこへ行っても大丈夫よ〜。」


なんて言ってくれるけど親としては


まだまだ頼りなく、子供の頃と何にも変わらず


心配ばかりがつきませんが


親って一生そういうものなんでしょう。







小さい頃は「お父さん」「お父さん」と


よく懐いてたのに


今じゃ、年に数回連絡あるかないかくらいです。








昔、僕が運転中に一時停止違反で事情を聞かれ、パトカーに乗った時


「お父さんが牢屋に入れられる…っ…!」


なんて、澄んだ瞳から大粒の涙をこぼした君は


今でも、そんな気持ちを持っていてくれているのでしょうか?






子育て中は子供たちが大人になるなんて


想像もできなかったけど


いざ大きくなると、あっという間の出来事で


我が家に子供達がいたことが


夢だったんじゃないかと思うくらいです。




終わってみれば子育て期間なんて


あっという間です。


まさに駆け抜けた感じです。





でも、いつも思い出すのは


子供たちの小さい頃で


写真は沢山あるけど



中でもこの姉弟で撮った写真は






とても思い出深く


今でも、つい、この間のように思い出しますね。





あの頃は大変だったけど
(安月給で養っていくのに必死だった…)


賑やかで6畳と4畳半の2部屋しかない

アパートで4人揃って暮らした生活期間は一生忘れることはないでしょう。




いま、振り返ると楽しく、賑やかな思い出ですわ。






成人式を迎えた息子、そして新成人の皆さん


おめでとう!



これからは益々、君たちの時代


夢は大きく、目標をもって人生を充実したものにしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加