美容師のアシスタント時代2




美容師のアシスタント時代1
前回の続き



いろいろな感情を書いてますけど


あくまで当時の率直な気持ちです。


今、現在とは全く異なる心境ですので


お間違いなく。








11月

オーナへ再び辞めたいと直談判。


オーナーと店長が暑すぎる説得をしてくるんです


店長(女性)は泣き出す始末。


でも不思議と僕はその様子が嫌いじゃなかったんですね。


かと言って好きかというとそうでもないけど。


でも、不思議ともう一度美容師として技術を習ってみようと思ったんですね。



こっそり女の子のアパートへ出入りしていたことも


無事、バレて、猛説教とその彼女と絶縁して


技術の習得に本腰を入れることを約束させられました。




今、思うとそれで良かったんですね。

そう思うと当時のオーナーと店長がいなかったら



今の僕はとっくにいないですね。


感謝しないといけません。





サボりがちな夜の練習会を見かねた先輩たちに


説教されるかと思いきやみんなが優しく


食事に連れて行ってくれたり親身に話を聞いてくれて


次第に僕の心も美容師を


もう一度やろうという気になっていきました。









12月



少しずつカットの練習も取り入れつつ


パーマのロッド巻の練習を主にやっていました。


ロッド巻きはかなり苦戦しました...


時間内に巻けない、汚い...


自分への不甲斐なさと


うまくできない焦りから


ウイッグ(練習用の人形)を投げつけ


ロッドを散乱させ絶叫してました。


「あー!!クソー!!」


キレる僕にキレる先輩たち。


「そんな短気起こすならやめてまえ!!!」


怒号に怒号です。


でも悔しいから絶対やめない。


血圧は最高潮。





店は年末でビックリたまげるぐらいの

人、人、人、人、人、人、人、人


失せるやる気と奮い立たせる自分で葛藤の日々でした。


6:30出勤  22:00営業終了 片付けて精算して帰宅。


営業で疲れ果て練習もとてもやる気が出ませんでした。


31日まで営業、その後みんなで打ち上げ会をすると聞き


テンションがダダ下がりに。


年末の最終日に誰が美容室なんて来るかよと思っていたけど


遅くまで激混みでいやになりました。











1月


成人式で正月から仕事になりガッカリ。


朝3:30に出勤して


15名を着付け、ヘアセットのアシスト業


20歳のお姉さん達を送り出し


眠気との戦いでグッタリしました。




ストレートパーマの試験に合格して


薬剤塗布から通して任されるようになり


少しだけ仕事に幅ができる。











2月


真冬の寒さで手荒れが酷く


皮が何回もむける。


アカギレと相変わらず蕁麻疹の


痒さで夜も眠れず


日中は薬の副作用で眠気との戦いです。





何人か手荒れが酷く美容師を諦め退職して行きました。


この頃は電話応対が苦手すぎて


なるべく電話から遠ざかって


着信があるとトイレへ逃げ込む。


ある日先輩から指摘され全て電話対応する羽目に。





お陰で電話対応のノウハウを


全て叩き込まれました。


体育会系の「〜っす。」は社会人としてダメ


と何度も指摘をされるが


なかなか治らない。









3月


卒入学式を控えた方々が


多く来店して、12月にも増して忙しい日々でした。


休憩なしの営業でお昼も食べずに働いてたら


流石に店長が休憩してきていいよと


声を掛けてくれ16:00


遅めの食事をとってたら
(この時間になると食欲があるのかどうかもわからない)


その様子を見た他の先輩から


「店長シャンプーしてるけどサボってないでシャンプー変わって!!」と


めちゃくちゃ理不尽な言いがかりに


葛藤しました。



社会に出るとこういった理不尽さは度々経験します。



トイレだけが憩いの場になっていきました。





カラーリングの原理、美容理論、コールドパーマの原理原則


月一の全店合同ミーティングなどなど


休みはほぼなくなってきてましたけど


この頃の僕の吸収力は半端なく


あらゆる知識を詰め込んで


実践してこなして


自分の肥やしになっていく過程が


だんだんと楽しくなってきてました。












4月から新入生を迎えるにあたって


先輩としての心構えと自分自身を引き締めるように


オーナーはじめ店長、チーフに口酸っぱく言われました。








美容師1年目のまとめ


美容師、というか社会に出て


1年目はとてもキツイです。


それはどんな職業も同じです。





慣れない生活と不規則な就業時間


今は大幅に改善はされてると思うけど


それでも学生生活から一変した生活に慣れるには


まだまだ大変だと思います。





そして、生活の変化というのはストレスも半端ないです。




自分もこの時期は体調をよく崩しました…


蕁麻疹に季節の変わり目には風邪をひき

熱とだるさと戦いながら仕事してました。


でも、先輩達は風邪だろうが熱があろうが出社してくるわけで


自分だけ休むわけにもいきません…



かなり理不尽さを感じることも多々あります。




でも、1年間続けると


技術、接客の基礎、アシスタント業務は


ほぼこなせるようになってました。


まぁ、ただ、こなせるだけですけど…


1年目で覚えたことを2年目から突き詰めていくことになります。




これから美容師を目指す人たちは1年は絶対に頑張って


それでも無理なら先のことを考えたほうが良いです。








アシスタント業2年目へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加