思いつき 出西窯と手仕事市

昨日はね



お休みでして



で、なんとなく釜焼きの陶器が見たいなぁ



なんて思いついて



島根県出雲市にある



出西窯

に行ってきたんです。








 



出西窯は


袖師や丹波、益子、唐津などで


修行を積んだ地元出身の5人の


青年によって開かれた。


1947年の開陶と歴史は浅いが


柳宗悦やバーナード・リーチ


河井寛次郎といった面々の指導を受け

モダンな作風で独特の世界を切り開いた。


出西とは出雲の西という意味である。

窯元は出西窯一軒だけであるが


窯主を持たない共同作業場となっており、土捏ね、轆轤回し、焼きなどの


工程一つ一つが共同作業となっているのが特徴。


丈夫で安価で飽きの来ない


「無銘の実用陶器」が共通理念であり

大衆向けの民陶として知られる。


一方、粘土から釉薬


薪に至るまで原料は全て島根県産で通すなど、強いこだわりも見られる。
 


 

 

 

 

 

 

 

 


という、全国各地にファンを持つ



島根の伝統工芸技術を持つ窯です。







この日は連休最終日とあって



人が多い…






しかもこの日は出雲駅伝当日で国道も



すごい人、人、人…



道路も迂回して行きましたわ。








無自性館は商品が展示してあります























どの作品も素敵で良い器がいっぱいです














しばし、商品を観覧。
 




 



 













中でも、出西ブルーと呼ばれる



瑠璃色は、出西窯独特で非常に深く美しい色合いなんです。はい。



















小物もかわいい
































建物も大きな梁や照明が素敵












とても「和」が感じられ癒される空間。



















周囲も自然に囲まれのどかで田舎の婆ちゃんの家にでも帰ったような



そんな雰囲気。


















靴を脱いで2階へ上がれば



この日は「手仕事市」




全て手作りのコマや人形、おもちゃなど



その場でも作って実演してましたね。ええ。



楽しそうで、自分もね、作りたくなりましたわ。はい。




















でも、僕が一番興味深かったのは



工房の方で




モノづくりの原点が見れる場所って



やっぱり興奮しますね。はい。
















アトリエの様な作業場に



























最大の特徴でもある登り窯











もうね、めちゃくちゃワクワクしませんか?!








登り窯の中で撮影。狭い。



久し振りに心が躍る感じでしたね。
ええ。



















できた作品を眺める嫁さん





器って



様々な色合い、造形、器の擦れる音



食器やカップがぶつかり合う音



窯や工房、土、粘土の様々な匂い



手触り、素材の味わい、



そして料理や飲み物を入れた時の



色のコントラスト



だと思うんですよ。



これって、その場に行かないと



体験できないし感じるものが違います。



やっぱり写真で見るより、実際足を運んだ方がより感じ入れれるでしょう。ええ







ちなみにこちらの商品



ファッションブランド



「BEAMS」(ビームス)



でも取り扱ってるそうです。















で、器の後はお隣のカフェ


LE COCHON D'OR
(ル コションドール出西)へ




ても、満員…



その場で食べれる食事はできず



パンを買いました。













食事の方はパンを中心としていて


木次たまごの特製サンドイッチプレート










アボカドとリコッタチーズのオープンサンドプレート










カレープレートあいがけ



こちらは二種類のカレーがかかっています。



食事に使われている器は、出西窯の作品が使われてるそう。









飲みものは、出西生姜の生産が有名ということで



出西生姜を使ったジンジャエールや自家製コーラ



出西紅茶など、出西ならではの商品が沢山でしたね。はい。












陶器作りも美容師もモノを作る



更にアート性を含めて沢山重なり合う部分があって



色使いや曲線美、素材にこだわった品物作り



とても勉強になったし刺激ももらえたし



今日から、また、バリバリ仕事をしようと思います。






 


 










じゃ。また。

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加