美容師のアシスタント時代


美容師になりたてのアシスタント時代は


とかく「辛いことも多く、大変だったでしょう?」


など聞かれることも多いです。


そう言われると苦労も多かったのかな?


少し振り返ってみようと思い書いてみようと思います。









1994年3月


地元の高校を中途退学した僕は


学校の先生の勧めもあり、当時


県内に5店舗ほど展開する


「大手」まではいかないけど中堅の規模の


美容室へ中途採用されて


アシスタントとして働くことになりました。


同期の数は10名弱はいたようないなかったような…
(入ってはやめていくためうろ覚えです。一年以内に4名まで絞られます)







僕はオーナーとの面談で最初は住み込みで徹底的に基礎を詰め込んだ方が良い


という事で住み込み部屋併設の


本店へ配属されました。







そこで同期の一歳年下で


中学を卒業したばかりの男の子と


同部屋で住み込み生活が始まります。











5月



5月連休が明けてから住み込み寮へ引っ越し。


入店したのが途中からだったので新入社員研修は終わった後でした。


この新入社員研修がキツかったと


いろんな同期に聞かされました…
(僕は2年目で経験することに)






僕と同じ日に入店した同い年の女の子は


3日でやめて行きました。









お店に出て1日目はとにかく


何をしていいかもわからず


ただただ棒立ちで先輩たちの邪魔でしかなかったと思います。


自分の事を「俺」と呼ぶのはダメというのも初めて知りました。


「僕」もしくは「わたくし」


と自分のことを呼ぶことに対して


小っ恥ずかしさが込み上げてました。





日々の仕事は立ち仕事で


足はパンパンの棒のようになるし


営業後のシャンプー練習はキツイしで


はじめて3日目には頭の中には


「辞める」の三文字が浮かんできましたね。






朝7時に店に出て営業が20:00に終わり


その後23:00までシャンプー練習しての繰り返しが続き


辛かったのを覚えてます。





それでも徐々に技術が自分のものになっていく感覚が


今まで味わったことのない達成感で


充実した日々でした。





掃除、洗濯、ロッド洗い、パーマアシスト


カラーアシスト、雑用全般


そんなことをこなしながらシャンプーの練習を


オーナーの奥さん、店長、チーフ(店の2番手)


などにモデルになってもらい


アドバイスをもらいながら


先輩たちの仕事を見てポイントをノートに書き上げ


実践する。


毎日、口を酸っぱく言われたのが


「教えてもらうんじゃなく仕事は見て覚えろ!良いところは全部マネして自分のものにしろ!」


それからは、とことん人の仕事を見て


良いと思うところは全てマネして


休みの日には他店にもお客として行き


そこでもとにかく


良いと思うことは全て吸収しようと貪欲でしたね。





この頃から全身に蕁麻疹ができるようになり


日々の営業と練習の間もずっと痒いのなんのって


毎日が自分との戦いでもありました。


充実感に満ちた生活のつもりだったけど


慣れない環境と不規則な生活で


単純にストレスがピークだったんでしょう。










6月


先輩たちからシャンプー合格をもらい


ようやく掃除以外の仕事に入れるように。


相部屋の同期より一足遅れて


やっとお客さんに触れることができました。


それからはシャンプーはもちろんマッサージの練習に明け暮れ


いろんなツボ、コツを覚えましたね。



日を追うごとに


順調に白髪染を覚え


自分でカラーしたお客さんを


自分でシャンプーして


先輩たちにカットをお願いするという


ようやく美容師の卵になりかけてきたような日々でした。


少し仕事ができるようになると


ちょっとした疑問が出てきたんです。


僕が配属されたお店は


ユニセックスサロン(美容も理容も問わない)で


男女問わず来客される店でした。


とはいえ男女比でいうと7:3いや8:2


くらいの割合で男性が多い店でした。


僕は美容師を目指しているのに


男性のお客さんを日々こなしていくことに


将来の不安と


このままでいいのか?


という事を自問自答するようになり


オーナーに直談判することに。







7月

晴れてこの月からオープンする


美容室へ配属されることに。




仕事はユニセックスサロンと美容室の違いに


戸惑いつつ(仕事内容がまるで違う)


なんとか日々を消化しつつ


シャンプー、カラー、ストレート薬剤塗布


などアシスタント業をやってました。








8月


お盆前になるとお客さんが


どっと押し寄せ、昼ご飯も食べれない日々。


朝8時〜夜21時まで働きっぱなしで


休憩時間は一切なし。




辞めたい気持ちに火がつき




店長へ辞める旨を告白。








9月


全国理美容選手権の中国大会があり


とりあえず、その大会を見るまでは続けてみろと言われ


美容師を続行することに...


僕は又、本店へ移動になりました。





不本意な仕事ながらここでの


お客さん相手の実践は基本を学ぶ上で

本当に良かったと


今は思います。




男の人って髪が短いんですよね。


だから頭の丸み、形、シャワーの当て方


手の動かし方、ハサミのもっていき方


薬剤の塗布の仕方...などなど


基本を学ぶにはすごくいいんです。


男の僕にとって初めから髪の長い女性を扱うのは


至難の技術でしたし....









10月

美容の大会へ


衝撃的でした。


なんせみんな美容師がチャラい。


ド派手な髪型にピアスに鼻ピアスに...


とにかくチャラい。チャらついてる。





ま、当時の僕もそれなりのヘアーと格好でしたけど


ちょっと違う感が満載過ぎて


益々辞めたくなったのを覚えてます。





この頃には中途採用の新入社員が入ってきては


辞めていき出入りが激しくて


誰と働いていたのかあまり覚えていません。
(先輩たちはずっと一緒です)








11月

休みの前日は家に帰るフリして


当時好きだった女の子が住む
(僕が17歳で相手は19歳のお姉さん)

アパートへこっそり


泊まり込みに行くようになり


その彼女が働く建築会社へ転身を考えはじめ


もはや美容師への情熱は皆無に。











次回へ続く。
このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント