美容室で上手くオーダーできない。 伝え方がわからない方へ



美容室へ行くとどうも上手くしゃべれない。


希望のスタイルがうまく伝えれない....


そんな方はかなりたくさんいらっしゃると思います。


自分も美容師になる前はそうでした。


とにかく美容室でなんて伝えたらよいかわからないんです。


今でも病院などで症状を伝えるのも苦手です。






そこで僕は口で伝えようとすると考えがまとまらないため


まず、紙に書きだし全て見てもらうことにしました。




内容はまず、「希望」


そして「NG」をしっかりと伝えることなんです。




美容師になり話を聞く側になると


もちろん美容師はお客さんのイメージを引き出そうと


様々な努力をしています。




でも、相手の言いたいことが伝わらないといくら聞き出そうと思っても


イメージが伝わってきません。


イメージが伝わらないということはお客さんと


描く髪型が共有できないので当然、理想の髪型にはなりません。








そして上手く伝えれないから初対面の美容師に「お任せで。」


なんて一種の賭けに出るわけです。


運に任せてお任せして


自分と美容師の感性や趣味趣向が同じなら、まだ良いです。





そんな運任せの美容師選びも良いですが

やはりきちんと伝えたほうが良いです。













そこでまずは”絶対にされたくないこと”「NG]をすべて伝える。


好みや希望を伝えることはできても、あまりされたくないことを


伝える人は少ないんじゃないでしょうか?




美容師というのは個々が感性や好みの傾向を持っていて


自身の好きな傾向が偏るところがあります。


それがお客さんのイメージしているスタイルよりも良くなれば


とても良いことですが、失敗は避けたいですよね。





美容師側で”成功”でもお客さん側からしたら”失敗した”ってことにもなりかねません。





もちろん美容師側もそんな思いをしてほしい訳がありません。


少なくとも僕は嫌ですし、そんな思いをさせてしまったら


かなりへこみますね。ええ。








そこで、今までしてきた中で嫌だった「ヘアスタイル」そして経験を伝えてもらうのは


美容師として、とても参考になるし重要な資料になります。




例えば


前髪は絶対に「眉より上にしたくない」


「肩より上には切りたくない」


「髪の量をすきすぎたくない」


具体的にされたくないスタイルを伝えることはかなり重要です。





髪型以外にも


今まで接客で嫌だったことを伝えておけば


嫌な気分になることもないと思います。





されて嫌なことは伝えておくことをお勧めします。







まだありますけど


疲れたので今日はこの辺で。








一曲どうぞ
夏の終わりにチルホップ


Mai tai

Jeff kaale











じゃあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント